日本では処方されないED治療薬のバリフ

ED治療薬のひとつ

日本のクリニックなどで処方されるED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類で、この薬を総称して3大ED治療薬と呼びます。
バイアグラは特許が切れたことから、国内でも同じ成分を使用したジェネリック医薬品が販売されていますが、この例外を除いては基本的に3つの治療薬以外は国内での処方は行っておらず、近所のドラッグストアや薬局での購入もできないようになっています。
ED治療薬のひとつであるバリフは主成分をレビトラと同じバルデナフィルとして、ジェネリック医薬品のひとつに数えられ、海外で販売されています。
製造及び販売しているのはインドの製薬会社で、厳密にはジェネリックではなくコピー品として取り扱われます。
レビトラに関しては特許が切れておらず、本来であれば販売どころか製造すらもできないのですが、インド国内においては成分特許が認められていないので、同じ成分を使用して、異なる製造方法で行えば問題がないことになります。
そのため、販売自体はできるのですが、日本国内では厚生労働省が認可をしておらず、またクリニックでの輸入も行っていないので、購入するためにはネット通販を利用した個人輸入のみとなります。

ED治療薬のひとつ | 副作用も少なく、比較的使用しやすい | ネット通販で購入できない?

バリフ 処方 | 医薬品個人輸入通販情報